2足歩行ロボット「ながら」

今、歩いてゆきます

2足歩行ロボット ながら-2

2足歩行ロボット ながら-2

岐阜県発 世界へ

 ながら-2は、岐阜県工業会と協力して開発した2足歩行ロボットで、2002年6月に開催されたRoboCup-2002ヒューマノイドリーグに出場しました。
 そこで、フリースタイル部門準優勝、ウォーキング部門優勝、PK部門80cmクラス優勝の成績を残し、見事「ベストヒューマノイド賞」を獲得しました。

2足歩行ロボット ながら-2

自律型ロボット

 ながら-2は、各関節を動かすモーターの他にも、バッテリーや制御コンピュータなども全て搭載しています。そのため、人がリモコン等で操作しなくても、決められた動作を行うことができます。

2足歩行ロボット ながら-3

2足歩行ロボット ながら-3 愛・地球博でのながら-3

美しく、しなやかに

 2005年に開催された愛・地球博には、ながら-3が登場しました。巨大なランドセルやバッテリはコンパクトになり、むき出しだった配線などは緩やかな曲線を描く外装にくるまれ、見た目が非常にすっきりしました。

 ながら-3は2台同時に製作され、2台揃ってダンスを踊ったり、1台が蹴ったボールをもう1台がシュートするといったデモが行われました。

テクノロジー

静歩行と動歩行

 おもちゃの2足歩行ロボットと、ながらの違いは、その歩き方です。
 おもちゃのロボットの歩き方は静歩行と言って、重心が常に接地凸包領域の上にあります。この歩き方は非常に安定していますが、早く歩けないという欠点があります。
 ながらの歩き方は動歩行と言って、歩行の途中、重心が接地凸包領域から外れてしまいます。この歩き方は不安定ですが、静歩行より早く歩くことができます。

諸元

 ながら-2ながら-3
全高83cm110cm
質量約15kg約25kg
動力バッテリー(外部電源との併用可)
関節自由度3029
操作遠隔操作・プログラム動作
その他画像処理機能、発話機能
報告書