レスキューロボット

希望、見つけました

レスキューロボット CUBIC-R2

レスキューロボット CUBIC-R2 コンパクト時 レスキューロボット CUBIC-R2 展開時

災害現場に駆けつける

 ひとたび大地震が起こると、倒壊した家屋の下に人が取り残されることがあります。そういった人を一刻も早く発見することはとても重要ですが、がれきの上を歩くことは非常に危険であり、2次被害を生み出しかねません。そこで、人の代わりにがれきの上を移動するレスキューロボットが開発されています。
 情報技術研究所では、5つの面と、各面のクローラーで構成されたCUBIC-R2を開発しました。

自在に変形

段差を乗越えるCUBIC-R2

 CUBIC-R2の5枚の面は、それぞれ独立に開閉することができます。そのため、がれきのような不安定な場所でも広い接地面積を確保することができます。また、各面についているクローラーは、前進・後退はもちろん360度旋回させることもでき、進行方向を自在に変えることができます。

 さらに、5枚の面を自由に動かすことで、段差の上り下りやギャップの乗り越え等も可能です。

操作画面

遠隔操作のためのユーザーインターフェース

 CUBIC-R2を被災地で利用する場合、操作者に的確な情報を伝えなければ、CUBIC-R2を正確に動かすことができません。そのため、広視野な映像を提示したり、CUBIC-R2自身がどのような状態であるかをCGで表現するユーザーインターフェースを考案しています。
 また、自由度が高い分操作が複雑になるため、簡単な操作で動作する半自動操縦技術も考案しています。

CUBIC-R2 諸元

重量
30kg
収納時の大きさ
420mm × 420mm × 332mm
展開時の大きさ
840mm × 840mm × 190mm
自由度
29
搭載可能センサ
ロボット位置同定用発信機
人体検出センサ
可視光カメラ
3軸傾斜センサ
登坂可能角度
37度
登坂可能段差高
280mm
登坂可能階段
ステップ高160mm, 踏み面260mm
乗越可能ギャップ
400mm
報告書